スマートフォン解析

南丹市やぎの花火大会2014の日程は?場所取りは?アクセスや交通規制は?

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 花火

「南丹市やぎの花火大会」は、毎年8月14日に

京都府南丹市八木町の大堰川河川敷で開催されている花火大会です。



(画像引用元:http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/21186.html)

 

この大会は、打ち揚げ数が約5,000発!

連発早打ち、芸術花火やナイアガラなど多彩な花火が披露され、

特に、特大スターマインがこれでもかと打ち上げられるフィナーレは感動もの!

花火の明るさで、昼間のようにも感じられるほどだとか!

 

「関西で行ってみたい花火大会」の1位に選ばれたこともある、この花火大会。

多くの魅力に溢れているにもかかわらず、人出もそれほど多くなく、

場所取りに悪戦苦闘することもナシ!

実は、そんな「穴場」と言われる大会でもあるのです!

 

今年は人ごみにうんざりするのではなく、この「南丹市やぎの花火大会」で

ゆっくり&たっぷり花火を楽しんでみてはいかがですか?

 

「南丹市やぎの花火大会」について

 



(画像引用元:http://ameblo.jp/maruri0620/theme-10057239116.html)

 

では、まずは「南丹市やぎの花火大会」の日程など、基本的な概要について

ご紹介します!

 

開催場所:京都府南丹市八木町 大堰川河川敷

開催日時:平成26年8月14日(木) 20:00~21:00

※小雨決行・荒天時は、16日に延期

有料観覧席の有無:有り

人出:約9万人

打ち上げ数:約5,000発

 

※一部、過去のデータからの推測です。情報が公開され次第、随時更新致します。

 

今年で第68回を迎える「南丹市やぎの花火大会」。

今年度の大会の情報はまだ発表されていませんが、開催日・会場など

毎年変わりがありませんから、今年も例年通りではないかと予想されます。

 

そして、大会のベストスポットとも言えるのが、有料の「花火応援協賛席」!

 

こちらは、昨年は開催の2ケ月前、6/14日から申し込みが開始されました。

今年の詳細はまだですが、昨年通りならば、1席5,000円。

これは、広さが1.8m四方あり、4~5人が座れるんだそう。

1人当たり1,000円位で特等席が手に入るのですから、

他の花火大会に比べるととってもリーズナブルです!

 

申し込み方法は、

公式HPから指定の用紙をダウンロードしてFAXするというもの。

 

興味のある方は、こちらのHPをこまめにチェックして、

申し込み情報をゲットしてくださいね!

 

南丹市やぎの花火大会・公式HP http://www.yagi-hanabi.com/

 

「南丹市やぎの花火大会」の場所取りについて

 

「南丹市やぎの花火大会」の場所取りですが、有料の「花火応援協賛席」に

次いでいい席なのが「応援協賛席」の両側に設けられる一般の無料席



(画像引用元:http://www.yagi-hanabi.com/)

 

こちらは昨年の会場案内図です。

メイン打ち上げ場の真正面に「応援協賛席」「(スポンサー)招待席」があり、

両側に一般席がありますね。ココです!

 

図ではそれほど広くないように思えますが、実際の河川敷は実に広々しています。

昨年は13時入場開始で、この時間に入れば、場所取りは楽勝とか!

さすが穴場の花火大会ですね!

 



(画像引用元:http://4travel.jp/travelogue/10578580)

 

上記は過去の6時過ぎの河川敷の様子。対岸で花火が打ち上げられます。

ここでは、ブルーシートだけで場所取りする方も多いのだとか。

人が待っていなくていいというのは楽ですね!

 

この時間になると、さすがに人は集まっていますが、まだ空いているスペースも・・

カップルなど少人数なら、この時間でも大丈夫ではないでしょうか?

 

このように場所取りにそれほど苦労することもないのが、

「南丹市やぎの花火大会」。

また、花火開始の前には「灯籠流し」のイベントもあり、これまた綺麗なんです!

せっかくですから、是非この灯籠流しも見ていただきたい!

 

ですから、この花火大会では、

穴場スポットよりもメイン会場の河川敷で鑑賞することをおすすめしますね!

 

「南丹市やぎの花火大会」へのアクセス

 

それでは最後に、「南丹市やぎの花火大会」へのアクセスをご紹介。

 

「南丹市やぎの花火大会」へは、JR八木駅から、徒歩5分となっています。

駅から会場までの道には、たくさんの屋台も出て賑やかになるそうですよ!

 

会場にも屋台スペースがあるので、おつまみや飲み物などには困りません!

また、屋台があると、やっぱり「お祭り」の気分がり上がって楽しくなりますよね!

 

一方、お車の場合は、主催者側から車での来場不可となっています。

会場周辺ではお昼頃から交通規制が行われ、混雑するので、

お車での来場はおすすめできません。

 

大会当日は臨時駐車場(有料)なども用意されるようですが、

早くに到着しないとすぐに埋まってしまうとか。

その上、帰りの混雑で駐車場から出るのも一苦労ですよ。

 

お車で来られる方は、最寄りのJR八木駅から2・3駅離れた場所に停めて、

電車で行く方が、帰りの混雑にも巻き込まれず良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

no image

湯河原温泉海上花火大会2014の日時や開催場所は?穴場場所取りスポットのおすすめは?アクセスは?

「湯河原温泉海上花火大会」とは、 神奈川県足柄下郡湯河原町で開催される花火大会。 &nb

記事を読む

no image

ハウステンボスの九州一花火大会2014!観覧スポットの場所取りは?混雑は?

全国でも有名な長崎ハウステンボス。 そこで開催される九州一花火大会を 皆さん、ご存知でし

記事を読む

no image

上尾の花火大会2014の日程や打ち上げ場所は?アクセスは?

「あげお花火大会」とは、 埼玉県上尾(あげお)市で開催される花火大会のこと。  

記事を読む

no image

湘南のふじさわ江の島花火大会2014の日時は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

「ふじさわ江の島花火大会」とは、 神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催される花火大会。 &nb

記事を読む

no image

鹿沼さつき祭の花火大会2014年の日程・時間や場所は?穴場は?駐車場や交通規制は?

「鹿沼さつき祭の花火大会」とは、栃木県鹿沼市朝日町で行なわれる 「鹿沼さつき祭り」の初日を飾る

記事を読む

no image

神宮外苑花火大会2014の日時や開催場所は?穴場場所取りスポットのおすすめは?アクセスは?

「神宮外苑花火大会」とは、 東京都新宿区で開催される、日刊スポーツ主催の花火大会で、 隅

記事を読む

no image

小山の花火大会2014の日程は?穴場の場所取りは?アクセスや交通規制は?

「おやまサマーフェスティバル2014 ~第63回小山の花火~」は、 栃木県小山市の中心を流れる

記事を読む

no image

熱海海上花火大会2014の日時は?穴場場所取りスポットのおすすめは?雨天時は?

「熱海海上花火大会」とは、今年で63年目を迎える、 静岡県の熱海湾を会場に開催される恒例の花火

記事を読む

no image

北区花火大会2014の日程は?混雑やアクセスは?

北区花火会とは、東京都北区の 荒川河川敷で10月に開催される 秋の花火大会です。

記事を読む

no image

足利花火大会2014の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」とは、 今年で100回目を迎え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

no image
妙義山の紅葉2014の見頃時期は?ハイキングやドライブは?駐車場やアクセスは?

妙義山(みょうぎさん)は、 群馬県にある、標高1104m、

no image
谷川岳の紅葉2014の見頃時期は?登山や渋滞は?アクセスや混雑は?

谷川岳とは、群馬県と新潟県の 県境に位置する、 谷川連峰の

no image
比叡山の紅葉2014の見頃時期は?登山ルートやアクセスは?

比叡山。 京都と滋賀の県境にある あまりに有名なこの山は、

no image
成田でのNARITA花火大会2014の日程は?観覧スポットの場所取りは?バスやアクセスは?

今年で第9回を迎える NARITA花火大会in印旛沼! &

no image
立川国営昭和記念公園の紅葉2014の見頃時期は?おすすめスポットや紅葉まつりは?

東京都立川市と昭島市の両方に またがる国営昭和記念公園。

→もっと見る

PAGE TOP ↑