スマートフォン解析

足利花火大会2014の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 花火

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」とは、

今年で100回目を迎える栃木県足利市の花火大会のこと。

 

7月下旬~8月初旬に開催される「わたらせ・サマー・フェスタ」の

フィナーレを飾るもので、毎年36万人もの観覧者が訪れる、

関東屈指の花火大会です!

 

大玉の同時打上げ、スターマイン、仕掛花火の競演など、見どころも多く、

特に、ラストの「大ナイアガラ」はまさに圧巻!

 

ここでは、そんな「足利花火大会」の基本情報から穴場スポットまで

たっぷりとご紹介!

皆様のお出かけに役に立つこと、請け合いです!

 

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」について

 

最初に、「足利花火大会」の基本情報から見ていきましょう。

 

開催場所:栃木県足利市 田中橋下流 渡良瀬運動公園及び、河川敷

開催日時:8月2日(土) 19:00~20:30 ※荒天時は、順延

有料観覧席の有無:有り

人出:約36万人

打ち上げ数:約20,000発

 

※一部、過去のデータからの推測です。情報が公開され次第、随時更新致します。

 

毎年、8月の第1土曜に開催されている「足利花火大会」。

有料席(ここでは桟敷席)の情報はまだ届いていませんが、

例年、6月下旬~7月上旬にかけて足利商工会議所で申し込みを

受け付けるようです。

昨年のお値段は、桟敷席(1坪)16,000円で、定員は5名ほど。

 

毎年人気で完売するようです!

気になる方は、今年の桟敷席情報を足利商工会議所で

こまめにチェックしてくださいね!

 

また、「足利花火大会」の前日には、賑やかな前夜祭も催されます!

場所は、足利商工会議所友愛会館。

昨年は、豪華なゲストを招待して、ダンスコンテストなども!

今年のイベントはまだ決定していないようですが、こちらも楽しみですね!

 

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」の場所取り&穴場

 

「足利花火大会」の場所取りですが、

メイン会場となる渡良瀬川の河川敷は、かなり広く、

周囲に視界を遮るような建物などもないことから、河川敷でなくとも

比較的どこからでもよく見えるという意見が多いようですね。

 

ですが、河川敷はやはりベストスポット!

やはり多くの観客がここを目指してやってくるので、混雑します。

場所取りは、16時半までにはやっておきましょう!

 

また、会場周辺にはたくさん屋台も出ているとか!

食べ歩きも楽しいですよね!

ただし、結構行列ができているそうですから、

スーパーやコンビニなどで飲み物などを買ってくるのも一つの手です!

 

混雑が苦手という方には、周辺の穴場スポットへ!

いくつかご紹介します!

 

ヤマダ電機 テックランド足利店 屋上:栃木県足利市朝倉町244-1



(画像引用元:http://ameblo.jp/mr-hayward/entry-11777115787.html)

 

こちらは、打ち上げ会場に近い穴場スポット!

隣のアピタと並んで人気の穴場スポットなので、早目に到着しましょう!

周辺はお店も多く、ショッピングしながら待てるので退屈しません。

 

アピタ足利店 屋上:栃木県足利市朝倉町245

前述したヤマダ電機のお隣。こちらも人気です!

ショッピングモールなので、屋上駐車場に車を停めて、お買い物もできますね。

お車の方におすすめです!

 

足利税務署 裏手:栃木県足利市伊勢町4丁目18−2



(画像引用元:http://www.ishikawa-inc.co.jp/construct/ashikaga.htm)

 

ここは、JR両毛線足利駅から来ると、

メイン会場の一つである渡良瀬運動公園より手前に位置する場所。

上記写真の足利税務署の裏手は土手になっており、花火もよく見えるとか!

メイン会場付近より人も少なめのよう。

 

他にも、打ち上げ場所から2kmほど離れた「織姫神社」なども穴場です。

小高い丘に登ると、花火も綺麗にみえるそう!

 

 

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」へのアクセス

 

では、最後になりましたが、「足利花火大会」へのアクセスをご紹介します。

 

「足利花火大会」へは、公共の交通機関をご利用の場合、

JR両毛線の足利駅から、徒歩約5分

もしくは、東武伊勢崎線の足利市駅から、徒歩約10分となっています。

また、大会当日は両線とも臨時列車が運行されます。

 

お車の場合は、東北自動車道・佐野藤岡ICから、約30分

または、北関東自動車道・足利ICから、約10分となっています。

 

駐車場に関しては、公共施設等を仮設の駐車場として、例年、

無料開放しているようです。

昨年は、8800台用意がありました。

 

ただし、周辺の道路では、毎年、午後5時30分~9時30分まで

交通規制が行われているようです(一部午後4時30分~)。ご注意ください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

no image

亀岡平和祭保津川花火大会2014の日程は?場所取りのおすすめは?アクセスは?

今年で、第63回を迎える「亀岡平和祭保津川花火大会」。 戦争のない平和で美しい地球を後世に伝え

記事を読む

no image

琵琶湖の花火大会2014の日時や打ち上げ場所は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

「びわ湖大花火大会」とは、名前のとおり 滋賀県の琵琶湖で開催される花火大会で、 琵琶湖の

記事を読む

no image

岸和田港まつり花火大会2014の日時は?穴場の場所取りのおすすめは?交通規制は?

今年で第62回を迎える「岸和田港まつり花火大会」。 だんじり祭りで有名な、大阪府岸和田市の地蔵

記事を読む

no image

赤川花火大会2014年の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

「赤川花火大会」とは、山形県鶴岡市の赤川河畔で開催される花火大会で、 全国屈指の花火師たちが技

記事を読む

no image

北区花火大会2014の日程は?混雑やアクセスは?

北区花火会とは、東京都北区の 荒川河川敷で10月に開催される 秋の花火大会です。

記事を読む

no image

江戸川区花火大会2014の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?交通規制は?

「市川市民納涼花火大会」と合同開催される「江戸川区花火大会」。   人出は、約

記事を読む

no image

足立の花火大会2014年の日程は?穴場の場所取りは?混雑は?

「足立の花火大会」とは、東京都足立区の荒川河川敷で、近隣に先駆けて 毎年7月に開催される人気の

記事を読む

no image

横浜開港祭の花火大会2014の日時や開催場所は?穴場場所取りスポットのおすすめは?アクセスは?

横浜開港祭の花火大会「ビームスペクタクルinハーバー」とは、 毎年6月初めごろに行われる神奈川

記事を読む

no image

湯河原温泉海上花火大会2014の日時や開催場所は?穴場場所取りスポットのおすすめは?アクセスは?

「湯河原温泉海上花火大会」とは、 神奈川県足柄下郡湯河原町で開催される花火大会。 &nb

記事を読む

no image

なにわ淀川花火大会2014年の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?駐車場は?

「なにわ淀川花火大会」は、PL花火大会と並んで、 大阪では夏の風物詩として、とても人気がある花

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

no image
妙義山の紅葉2014の見頃時期は?ハイキングやドライブは?駐車場やアクセスは?

妙義山(みょうぎさん)は、 群馬県にある、標高1104m、

no image
谷川岳の紅葉2014の見頃時期は?登山や渋滞は?アクセスや混雑は?

谷川岳とは、群馬県と新潟県の 県境に位置する、 谷川連峰の

no image
比叡山の紅葉2014の見頃時期は?登山ルートやアクセスは?

比叡山。 京都と滋賀の県境にある あまりに有名なこの山は、

no image
成田でのNARITA花火大会2014の日程は?観覧スポットの場所取りは?バスやアクセスは?

今年で第9回を迎える NARITA花火大会in印旛沼! &

no image
立川国営昭和記念公園の紅葉2014の見頃時期は?おすすめスポットや紅葉まつりは?

東京都立川市と昭島市の両方に またがる国営昭和記念公園。

→もっと見る

PAGE TOP ↑