*

目黒川の桜並木2014の開花・桜祭りの期間は?ライトアップや出店は?

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 桜・花見 , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

都内でも有名なお花見のスポット、目黒川。

世田谷区から目黒区、品川区を流れ、

東京湾につながる全長約8kmのうち、

大橋から目黒駅周辺までの

約3.8kmの川沿いに美しい桜並木が続きます。


(画像引用元:http://shibuya.alpha-homes.com/entry/149236/)

 

そこに植えられているのは、約830本のソメイヨシノ。

水面へ枝を伸ばす桜が、どこまでも長く美しく彩る川べり、

特に川幅が狭くなる中目黒から池尻大橋にかけては、

両岸から伸びた桜の枝が重なりあい、

まるで桜がつながっているように見えるところもあるとか。

 

桜のシーズンには、桜まつりなども開催されて一層の賑わいを見せます。

 

周辺にはおしゃれなカフェやショップなども多く、

ゆっくりと桜を楽しみながら散策するには

うってつけのお花見スポットです。



 

目黒川と桜の歴史

 

目黒川の歴史は深く、遠い昔から周辺の田んぼなどを潤し、

人々の生活を支えてきたんだそう。

探せば、あちこちにその歴史を感じることができます。

 

例えば、「目黒新橋」。

 

東京都の著名橋として認定されているこの橋は、

なんと江戸時代初期には現在の場所に架かっていたそう。

 

また、行人坂を下ったところにかかる「太鼓橋」は、

浮世絵で有名な広重の「名所江戸百景」にも描かれたことも。

meguro-namiki2

(画像引用元:http://rekishi-roman.jp/page-3-1-1.html)

 

そんな目黒川、実は川幅が狭く水深が浅かったため、

大雨などで川が氾濫することが度々あり、

周辺の被害もひどかったのだとか。

 

そこで大規模な川の護岸工事が行われ、

工事の記念にと地元の有志が桜を植えたのが

今日の桜並木の始まりだと言われています。

 


(画像引用元:http://お花見ガイド.jp/pref13/S13M000680/)

 

それがさかのぼること、今から80年以上前のこと。

以降も、数度の護岸工事などで植え替えられたりしながら、

桜の数が増えていったようです。

 

先人の知恵と努力の上に、目黒川の桜並木はあるのですね。

桜がより一層美しく感じられます。

 

目黒川の桜まつりとおいしい屋台♪

 

桜が満開になる時期に合わせ、

目黒川周辺では趣向を凝らしたイベントが開催されます。

 

その一つが「中目黒桜まつり」。

 

去年、2013年は4月7日、10時~17時に行われ、

多くの花見客が楽しんだそう。


(画像引用元:http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/koho/hodo_news/h24/2012_04_07.html)

 

中目黒駅からすぐの目黒川と蛇崩川(じゃくずれがわ)の

合流地点に設けられたステージでは、

吹奏楽コンサートや、ダンスや大道芸のパフォーマンス、

三味線や和太鼓の演奏が披露され、

大きな歓声が上がったとか。

 

また、桜まつりを始めとするお花見シーズンには、

周辺にも多くの屋台や出店が立ち並び、

多くの花見客のお腹を満たしてくれます。


(画像引用元:http://meguro-sakura2013.seesaa.net/article/350825865.html)

 

近隣のワインバーではこのようなシャンパンの出店も。

シャンパンを片手に桜を眺めるなんて、なんて贅沢なんでしょう!

 


(画像引用元:http://aristocat.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6166.html)

 

こちらは手作りソーセージだとか!

定番の屋台ももちろんですが、

さすが中目黒!おしゃれなお店がいっぱいのようですよ。

 

美しい桜と美味しいものの取り合わせ!最高です!

お腹を減らしてお出かけするのを、おすすめします!

 

目黒川 桜のライトアップ

 

目黒川、夜になると、川沿いに吊るされたぼんぼりが

このように柔らかく桜を照らし出します。

 


(画像引用元:http://meguro-sakura2013.seesaa.net/article/350978812.html)

 


(画像引用元:http://megurokm.exblog.jp/i3)

 

中でも、天神橋から宝来橋にかけては、

地元の商店街主催で桜のライトアップも。

 

昨年の期間は、3月25日~4月7日。

点灯時間は、18時~21時

 

昨年は桜の開花が早かったため、

当初予定していた期間よりも前倒しで行われたとか。

水面に映る桜とぼんぼりの灯りが、とても美しいですね。

 

【目黒川の花見の関連記事】

⇒目黒川の桜を花見しながらランチやクルーズ!カフェ・レストランは?場所取りは?

 

2014年 桜の開花予想


(画像引用元:http://blog.nesto.jp/article/54816695.html)

 

1月8日、日本気象株式会社から発表された、

2014年の桜の開花予想によれば、

東京の桜の開花は3月24日頃、

満開は3月31日頃とのこと。(1月17日現在)

 

平年値では、東京の桜の開花は3月26日、

満開は4月3日となっていますので、

例年より2~3日早いという予想。

 

【他のおすすめの東京の桜スポット!】

⇒新宿御苑の桜の花見!2014の開花や場所取り・混雑は?お酒は持ち込み禁止?

⇒千鳥ヶ淵の桜2014年の開花は?混雑は?ライトアップやボートは?

 

桜が咲くと、春が来たなーって思いますよね!

早く見たいものです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

IMG_1076s

六義園の桜の花見2014年の開花は?樹齢と本数は?ライトアップの期間・時間や混雑回避は?

東京都文京区にある六義園(りくぎえん)。 国の特別名勝に指定されているこの公園は、 もと

記事を読む

関西の桜の花見の名所のおすすめ2014!京都と大阪は?

関西の桜   関西の観光地には時々行ってみたくなるものですが、 特にお花見の

記事を読む

駒沢公園の桜のお花見!2014の開花は?場所取りは?

運動公園   駒澤大学のそばにある駒沢公園は 正式には「駒沢オリンピック公園

記事を読む

赤城南面千本桜の花見2014年の開花予想・見頃は?桜まつりやライトアップは?渋滞や交通規制は?アクセスと駐車場は?

ひらひらと頭上から降ってくる桜。 その桜の下で賑わう人々、おいしそうな出店などもあふれかえって

記事を読む

醍醐寺の桜2014年の開花・混雑は?駐車場やライトアップは?

春といえば、楽しみなのは美しく咲き誇る桜。 その桜を前に、家族や友達とお花見をする方も多くいる

記事を読む

長瀞の桜並木の花見2014年の開花予想・見頃は?桜のトンネルやガーデンは?アクセスや駐車場は?

「長瀞(ながとろ)」とは、埼玉県秩父郡長瀞町のこと。 この「長瀞の桜」は、「日本さくら名所10

記事を読む

仁和寺の桜の花見2014年の開花は?ライトアップやお守りは?アクセスは?

仁和寺には金堂前のソメイヨシノ、鐘楼前のしだれ桜など 春になると、美しく咲き誇る桜が約300本

記事を読む

彦根城の桜の花見2014年の開花・見ごろは?ライトアップや屋台は?アクセス・駐車場は?

国宝・彦根城。 城内には、ソメイヨシノを中心に約1200本もの桜が植えられており、 風格

記事を読む

弘前公園の桜まつり!2014の開花や本数・種類は?ライトアップは?

弘前城と桜   青森県弘前市の名所である弘前城。 弘前公園では、お花見シーズ

記事を読む

河津桜2014の開花・見ごろは?河津桜まつりの期間・日程や出店は?アクセス・駐車場は?

河津桜(カワヅザクラ)は、静岡県賀茂郡河津町にある、 例年2月上旬から開花しはじめ、 約

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

亀岡平和祭保津川花火大会2014の日程は?場所取りのおすすめは?アクセスは?

今年で、第63回を迎える「亀岡平和祭保津川花火大会」。 戦争のな

足利花火大会2014の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

「2014わたらせ・サマー・フェスタ 第100回・足利花火大会」とは、

厚木の花火大会2014の日程は?穴場の場所取りのおすすめは?アクセスは?

今年で第68回を迎える「あつぎ鮎まつり大花火大会」は、 神奈川県

南丹市やぎの花火大会2014の日程は?場所取りは?アクセスや交通規制は?

「南丹市やぎの花火大会」は、毎年8月14日に 京都府南丹市八木町

小山の花火大会2014の日程は?穴場の場所取りは?アクセスや交通規制は?

「おやまサマーフェスティバル2014 ~第63回小山の花火~」は、

→もっと見る

PAGE TOP ↑